読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫っ毛のスーツ

オタクぶりたい妄想と感想のブログ

PBR case1 踏切

おまじない

 

 

 

陳腐なメロディに

 

 

不思議な言葉

 

 

童謡によく似たものだ

 

年端もいかない少年少女にとっては
他のお遊びとなんら変わらない

 

唾垂らし笑う太陽の下で

 

 

無垢な心だからこそ浸透していくのだ

 

 

 


ところで、この奇妙なお遊びは
いったい、誰から伸びた枝だったか

 

 

 


オマジナイ

 

 

それは

影と

 

踊るお呪い

 

f:id:konnukun:20170327231703j:plain

*******************************************************************************
イライラしているときというのは
頭なのか心なのか
心だとすればそれは一体どこにあるのか…

 


自分の行動を妨げる要因
「私」にとってそれが今この場合、目の前にある開かずの踏み切りというわけだった

日差しはとても強く
照り付けるという表現がぴったりなほどの快晴。

 

 

 

 

 

 

 

踏み切りの向こうにひとつ
ゆっくりと頷く人影

初対面ではない
はずだった

出会ったことはない
はずだった


瞳が吸い込むように
周りのものが滲んで見える

心が吸い込まれるように
踏み切りと響き合う棘が
消えていく

手を伸ばせば届きそうな距離に、確かにいる
そんな感覚だった

 

 

 

 

 

 

この辺りの人々にとっては
車の濁流も
右目ばかり光る信号機も
見慣れた、いつも通りのことでつまりは日常。
だからいつも通り、やたらに長い踏み切りがいつも通り、待っている

はずだった

 


電車爆破のテロニュースが三日ほど液晶を塗りつぶした