猫っ毛のスーツ

オタクぶりたい妄想と感想のブログ

ペルソナ4の爪痕 花村陽介という影 後編

ようこそベルベットこんぬです

 

※ペルソナシリーズのネタバレを多分に含む可能性があります(今更

 

 

ペルソナ4って他シリーズに負けず劣らず魅力的なキャラが多いですよね

みなさんのフェイバリットは誰ですか?

まぁ好みは人それぞれあると思いますが

 

 

 

 

f:id:konnukun:20170323213514j:plain

この人っていうお客人、結構いるんじゃないですかね?

 

 

僕はこの花村陽介君が

ペルソナシリーズというくくりでもトップクラスに好きなキャラクターとなりました

 

どの辺りが好きなのかをプロファイリングしてみます

・かっこいい

・かわいい

・いいやつ

・なんだかんだ頼りになる

・ギャグもシリアスもこなす

・熱すぎる友情

・悲恋

・抱えた影への共感

・ジライヤ

・小回り効くしマハスクはいいぞ

・行くぜ相棒!→いい返事だ!

・ポッケのアメちゃん

・ヘッドフォン

 

 

 

一応断っておきますが僕はホモではありません

妻子もいます

 

 

ざっくり言うといいやつ

自転車で急所を強打、さらに頭からゴミ箱につっこむなど中々のインパクトで登場する

残念なイケメン」(成長ステータスも運だけマジで伸びなかったね)

 

今後一年という限られた時間を共に過ごす中で

時にはバイトを手伝い

時には抱きしめ

時には殴りあう

共に戦う心強い相棒

 

周りにはいそうでいなかった

手を伸ばせば届きそうな

そこにいるのに存在しない

それでもこんな奴が友達だったらいいなと本気で思えるクラスメイト

 

 

その花村陽介というキャラクターの構成要素

これはペルソナシリーズの特性である

会話において台詞のない主人公という部分も大いに関係していると思われる

 

トーリーを回すためには主人公の「心の声」だけでは味気ない。

他のキャラが喋ることで初めて自然になる流れがある。しかも多分に。

 

言わずもがな番長には番長の魅力がある

キャラの容姿とペルソナ、ほんのり香る厨二要素とそっとしておく寛容さetc…

たとえ台詞がなくとも、プレイヤーの分身としてでなく

1キャラクターとしてしっかり立っている

そもそも喋らないだけの分身なら8年も戦うことはできなかったはず。

 

そう、だからこそ花村陽介というキャラが立ってくると思っているのです

番長と花村陽介は強力無比な相乗効果を作り出す

文字通り最高の相棒。トニオさんのチーズ食った億康の気持ちよ!

 

別ベクトルとは言い切れないが、絶妙に方向性の違う二人の主人公

そういう感覚でプレイしていたこともある

 

 

この感覚を決定付ける要因のひとつは序盤から登場する小西先輩だろう。

 

片思いの先輩に映画のチケットを渡す高校生男子

しかし深い霧はそんな日常に暗い影を落とす

いなくなった先輩は、死んだのだ

真夜中のテレビに映ったのは先輩の姿なのか

夢か幻か、異世界へ飛び込む

この酒屋に木霊する声は本当に先輩の声なのか

目の前にいる、確かに見覚えのある男は誰なのか…

 

まだチュートリアルだ。自由行動はできないゲーム序盤。

トーリーは陽介を中心にして確かに回り始め

今後立ち向かうべく闇の一端を垣間見せる

 

ここで存在感失わない番長もたいしたものだけど

やっぱり展開含め、

シャドウの登場が早めだったことも含め(笑

陽介にあたるスポットライトの光量は凄まじい。

 

生々しいほど生き生きとしたもう一人の陽介

えぐる。容赦なく。

でもその嘲りは決して自分に当てはまらないとはいえなかった。

 

ただのお調子者だと思っていた、知り合ったばかりのこのクラスメイトは

テレビの前にいる自分と何も変わらない

普通に恋をして、人付き合いに悩み、背伸びをしたい年頃の男子だった

 

だからこそこのクラスメイトを守るためにゴルフクラブを全力で振るうのだ

 

そして自分自身と向き合える強い心が、“力”へと変わる

f:id:konnukun:20170324233315j:plain

ジライヤいいよね…

 

「行くぜ相棒!」

もう何度聞いたかわからない

どれほどあの街にいただろうか

どれほど同じ出会いと同じ別れを繰り返しただろうか

どれほど同じ笑いを、涙をこぼしただろうか

 

これがペルソナ4の爪痕。

その片鱗

 

 

 

ペルソナ5は掛け値なしに素晴らしいゲームだった

 

 

ガイドブックに載っていないことを知っているのに

それでも真エンドを探してさまよう

もう一人の自分が無意識に求めているのかもしれないね

 

 

順平が嫌いだとか、竜司が気に食わないとかではない

好き嫌いの話じゃない

 

じゃないのに

 

比べてしまう小さな自分がいる

 

向き合える強い心が、ほしいところではある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ…空、高いな。
先輩、見てっかな…
俺らんこと、笑ってるかな。
先輩…俺、ちゃんと生きるから。
自分ごまかさずに、だまさずに…
今日みたいな日も、前みたいに
くすぶって過ごす日も、大事な1日…
先輩が生きられなかった1日だから…
ここで、俺、生きてくから。

 

>陽介は優しく笑っている…

 

 

 

 

 

おわり