読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫っ毛のスーツ

オタクぶりたい妄想と感想のブログ

もし僕が悪魔でも、友達でいてくれますか?  ペルソナとの出会い

我は汝…汝は我…

我は汝の心の海より出でし者・・・

一切の不浄薙ぎ払う、業火の運び手

 

 

こんぬなり

 

f:id:konnukun:20170318202049p:plain

僕はアトラスのペルソナシリーズが好きだ。

 

ただ他のアトラスゲーというか女神転生シリーズでプレイしたのは

女神転生if、1~3(ノクターン)とDDSアバチュだけ

 

どのゲームも、好きだ

 

悪魔を合体して能力を高め洗練させていく過程、

シビアな難易度とそれを乗り越える達成感

荒廃した世界観、その道なき道を進む展開への期待と興奮

迫られる選択、主張、対立

 

  

 

僕が女神転生シリーズに触れるきっかけにもなり

僕の人生において「ペルソナ」が大きな楽しみの一つとなったのが

 

シリーズ一作目である女神異聞録ペルソナだ。

当時中学生だった僕は友達からこのゲームを借りた。

当時はすでにペルソナ2が発売していて、友達たちは2の話で持ちきりだったことをよく覚えている。

 

f:id:konnukun:20170318203017j:plain

 

僕はそこまでたくさんゲームをプレイしているほうではなかった

それでもこのパッケージが少々異質なことは感じていた

 

なんというか、単純に「ゲームっぽくなかった」のだ

角川ホラー小説の表紙みたいだった

家にあったどのゲームとも違う、その異様なゲームソフトに

興味が沸いた

 

 

そしてゲームを起動して

結果、オープニングがパッケージどおりな事が逆に僕を驚かせる

 

どんなゲームなのかさっぱりわからないオープニングは

その実、端的に「女神異聞録ペルソナを表す仮面の一つであり

僕の趣味趣向に、一生消えないであろうその名を刻み

タイトルロゴが滲むように、僕の心を潤していった

 

 

毎日毎日、悪魔と会話し

毎日毎日、合体を繰り返し、電源リセットを繰り返し

毎日毎日、カジノにこもり

毎日毎日、背後から撲殺され

毎日毎日、反復横とびをした(笑

 

毎日毎日、存在するはずのない御影町に連れて行かれたのだ

そのゲームは僕の時間を奪っていった、それこそ悪魔のように

初めて徹夜をした、今まで知らなかったもう一人の自分を呼び出した

 

ペルソナ様は存在した。

僕にとってはこのゲームこそがペルソナ様そのものだったのだ。

 

 

 

 

youtu.be

もしも僕が悪魔でも、友達でいてくれますか?

もしも私が悪魔でも、好きと言ってくれますか?

 

 

おわり